エアコン清掃=コスト削減?! 昨年、分解洗浄をしていない人は要注意!混み合う前に清掃を!

2016年01月19日



エアコン清掃=コスト削減?!

 

パン屋さんの場合は、エアコン清掃をしないと電気料金が高くなる!!

 

パン屋さんでノーメンテナンスだと2年で消費電力が2倍以上に!?






 

一般の業種(オフィスなど)でノーメンテナンスだと4 年で消費電力が2倍以上に!
 


▲一般の業種で4年間放置した熱交換器






上図のように清掃などのメンテナンスをしないと、
汚れが溜まっていき冷暖房の能力が低下してしまう。
そのため稼働時間が長くなり、右肩上がりで消費電力が上がっていく!

→結果、通常の状態の倍以上の消費電力に!


 

パン屋さんの場合は小麦粉や油を使用しているので、1~2年放置すると一般の業種の4年より酷い状態に!



▲パン屋さんで約2年間放置した熱交換器

 


パン屋さんではエアコンを1 年放置すると一般のエアコンの4年程度放置したような状況になり、消費電力は2倍以上になる可能性が高い!



エアコン清掃すると1 年分の電気料金38,479 円の削減効果が期待できる!

さらにエアコン本体も長持ちするので、償却を考えるとそれ以上の効果が!?


1 年間のエアコンの使用電気料金38,479 円の計算式
【条件】3馬力=消費電力2 .2kW 使用時期4 月~9 月=約180 日 使用時間=12H/ 日 
東京電力:2015/3/26現在の単価で計算  
低圧電力の電力量料金:夏期(7/1~9/30)16 円97 銭/kWh その他季15 円42 銭/kWh
【 式 】2.2kW×(16.97 円+15.42 円)/2×180 日×12H=76,958 円  ※小数点切り捨て
  →消費電力が半分になると、電気料金も半額になります。


エアコン清掃の申し込み・お問い合わせはこちら>>





 

パン屋さんで2年間放置した熱交換器




 

油と粉の塊が除去されて熱効率UP!!

 

エアコンの内部の熱交換器(上記画像部分)に風を送り込み冷やしたり暖めたりするので、
この部分が汚いと熱が効率的に変換されない。よって稼働時間が長くなり電気料金が高くなる。



 

パン屋さんにおけるエアコン清掃の落とし穴



 毎年、耳にすることがあります。それは夏のエアコンのエラー表示編集部が聞いたエピソードを一つご紹介します。

 あるパン屋さんの夏の出来事で、エラー表示が出てエアコンが動かないという。エラー表示を調べると原因は「熱交換器汚れ(温度センサ不良)」だとわかり、Aオーナーは清掃業者に連絡。その清掃業者から『既に予定がいっぱいで、最短でも一週間後のご訪問になります。』という返答。Aオーナー悶絶。


 200℃を越えるオーブンがありサウナ状態になる夏の工場でのこういう事例は、まさに地獄です。夏前の清掃をオススメします。ただ、同じ考えをする飲食店は多く、エアコン清掃業者は初夏から繁忙期を迎えます。つまり清掃希望日の融通が通りにくくなるということです。

 また、春先のパン屋さんの工場は、既に20℃をゆうに超え30℃に迫ると聞きます。これ以降は気温上昇に比例してどんどん暑くなっていきますから、エラー表示でエアコンが停止した時に体力的に耐えられるリミットは春までと言えるのではないでしょうか。
 「エラー表示が出てから対応すればいい」という考えでは、時として夏に【悶絶】してしまいますし、「お金が勿体ないしエアコン清掃は今年はいい」という考えでは、衛生的ではありませんし電気料金の支払いが増えて損をします。一度検討されてみてはいかがでしょうか。
 

パン屋さんでは小麦粉が空気中に舞い上がるので、エアコンにとっては劣悪な環境。
半年から1年に1度の清掃をオススメします。

 

交通費から養生まで全てコミコミで23,800 円(税抜)/ 台
エアコン清掃の申し込みは、下記よりお問合せください。


【清掃エリア】東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・岐阜・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・福岡
※ 対象エリアであっても一部交通費が発生する場合があります。


エアコン清掃の申し込み・お問い合わせはこちら>>





【お問い合わせ先】
株式会社グローアップ
TEL:03-5302-2297
住所:東京都渋谷区本町3-14-3 松尾ビル8階


 
パン速報 BP
お役立ち情報 BP
ベーカリーパートナー
セミナー BP
購入サイト