その他

沖縄)「泡盛パン」いかが 那覇空港で試食会

沖縄)「泡盛パン」いかが 那覇空港で試食会
ウェブマーケティング事業のプルアラウンド(那覇市、杉浦哲郎代表)は10日、琉球大学農学部、金城ベーカリーと共同開発した「泡盛パン」の試食イベントを那覇空港で実施した。泡盛に使用する黒麹(くろこうじ)菌をパンの発酵に用い、みそっぽい香りと酸味のある味わいに仕上げた。沖縄土産とし...
2018年02月14日

大雪で立ち往生、積み荷を配ったヤマザキパンの”神対応” 4年前にも同じことが

大雪で立ち往生、積み荷を配ったヤマザキパンの”神対応” 4年前にも同じことが
北陸地方を襲った大雪の影響で、福井県内の国道8号で起きた車の立ち往生。配送トラックが巻き込まれていた山崎製パンが、届けることができなくなった積み荷のパンを県災害対策本部を通じて配布したことに注目が集まっている。しかしこれは初めてのことではなく、非常時にはこれ...
2018年02月13日

洋菓子・和菓子・パンの魅力が満載、おいしくて楽しい文化祭/東京製菓学校 『第55回菓子祭』開催

洋菓子・和菓子・パンの魅力が満載、おいしくて楽しい文化祭/東京製菓学校 『第55回菓子祭』開催
1954年の開校以来、洋菓子・和菓子・パンそれぞれのプロを養成してきた専門学校、学校法人/専門学校 東京製菓学校(東京都新宿区高田馬場1-14-1/学校長 梶山 浩司)では、広く一般の方々を対象とした文化祭『第55回菓子祭』を、2018年2月24日(土)・25日(日)の2日間、10時から16時まで一般公開いたします。数々の趣向を凝らし...
2018年02月11日

冷凍パイシートでパン屋さんのようなデニッシュをつくろう

冷凍パイシートでパン屋さんのようなデニッシュをつくろう
デニッシュ生地は冷えたバターとパン生地を何層にも重ねて作ります。何度も折り込んでいく作業は中々真似出来ません。そこで、使いたいのが冷凍パイシート!アップルパイやミートパイを作る時になどでおなじみですがデニッシュ生地に...
2018年02月10日

ル・クルーゼ「パン」がテーマの鍋や食器、クロワッサンやバゲット型プレートなど

ル・クルーゼ「パン」がテーマの鍋や食器、クロワッサンやバゲット型プレートなど
ル・クルーゼ(LE CREUSET)から、2018年春夏コレクション「ル・クルーゼ ベーカリー」が登場。 2018年2月7日(水)より期間限定で発売される。コレクションのテーマは「パン」。今季ル・クルーゼのアイコンである「鋳物ホーロー鍋」は、鍋を焼き型にしてパンを焼く“鍋パン”を...
2018年02月08日

獅子の屏風絵をパンで制作…立川

獅子の屏風絵をパンで制作…立川
国際製菓専門学校(立川市)の学生がパンで制作した大型絵画の展示が31日、JR立川駅北口の立川高島屋で始まった。4日まで。あめ細工やシュガーアートなども展示されている。同校では、通常はできない接客の機会が得られるとして、同店を学園祭の第2会場にしており、今年...
2018年02月06日

パンにはじまりパンに終わるパン天国・モロッコ、リヤドの朝ごはん

パンにはじまりパンに終わるパン天国・モロッコ、リヤドの朝ごはん
モロッコ料理といえば、日本でも広く知られるタジンやクスクスなどが定番。では、朝食はどうでしょう?朝食となるといったいどんなものが食べられているのか、イメージできないという人も多いのではないでしょうか。モロッコの朝食は、「パンにはじまりパンに終わる」といっても過言ではないほどのパン天国。クレープに姿を変えることもありますが、何種類ものパンが食べきれないほど出てくる...
2018年02月03日

鬼子母神・手創り市で惚れた、ふたば工房の「パンのための皿」

鬼子母神・手創り市で惚れた、ふたば工房の「パンのための皿」
岐阜の工房で生まれる、余計な水分を吸いとる「パン皿」「ふたば工房」は、岐阜県にある工房。職人の井筒佳幸さんが木を切り、削り、彫って、皿、箸、お椀、ランプシェードなど木の作品を作っています。井筒さんが作る「パン皿」は使い勝手がよく、その魅力にハ...
2018年02月01日

食材に合わせた温め直しも、パンのリベイクも「ヘルシオ グリエレンジ」で大満足!

食材に合わせた温め直しも、パンのリベイクも「ヘルシオ グリエレンジ」で大満足!
トーストを焼けば外はパリッと中はモッチリアッツアツ、揚げ物を温め直せば衣はサックリ中ジューシー! お弁当もトレイごとホッカホカに温められるレンジが登場した。今回は、シャープの「ヘルシオ グリエレンジ AX-HR2」を紹...
2018年01月27日

再出発のパンおいしいよ

再出発のパンおいしいよ
官民共同運営の刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」(浜田市旭町)で職業訓練を受ける受刑者の焼いたコッペパンが25日、近くの市立旭小学校と同旭中学校の給食で配られ、児童らが刑務官とともに素朴な味を楽しんだ。初犯の受刑者ら約1400人を収容する同センターでは、約30人が...
2018年01月26日

器ごと食べられる「スープパン」に天然サーモンがごろっと入った濃厚な「アラスカ産 サーモンクリームシチュー」が登場したので食べてみた

器ごと食べられる「スープパン」に天然サーモンがごろっと入った濃厚な「アラスカ産 サーモンクリームシチュー」が登場したので食べてみた
食べられる器 「石窯パン」に本格スープを詰めたスープパンを2017年10月にリリースしたファーストキッチンから、「アラスカ産 サーモンクリームシチュー」が登場しました。アラスカシーフードマーケティング協会とタイアップし、「美容やアンチエイジング、疲労回復に効果が感じられる栄養素がふんだんに含まれている」という100%天然のアラスカ産ピンクサーモンが使われているとのことで、身が...
2018年01月25日

市販のイチゴジャム11種類食べ比べ! 甘さや酸味、果肉感を比較してみた

市販のイチゴジャム11種類食べ比べ! 甘さや酸味、果肉感を比較してみた
朝はご飯派?パン派?どちらでしょうか。私はパン派です。私の好きなパンはジャムパンで毎朝食べたいのですが、菓子パンを毎日購入するのは主婦をしている私には難しい選択です。食パンにジャムを...
2018年01月25日

伝統野菜を具材にパン 会津大生が販売、すぐ完売

伝統野菜を具材にパン 会津大生が販売、すぐ完売
会津大の学生団体「Aizu Active Association(通称AAA)」は16日、同大学食前で会津伝統野菜を使ったパンを販売し、同大生らに会津伝統野菜のおいしさを伝えた。AAAは昨年から会津伝統野菜を知...
2018年01月24日

パン片手に菜の花観賞

パン片手に菜の花観賞
二宮町観光協会は、吾妻山公園の菜の花を目当てに訪れる人に町内を回遊してもらおうと、文教大学=茅ヶ崎市=の学生と協力して町内のパン店などを紹介するマップ「にのみや パン まち散歩」を発行した。作製に携わったのは、国際学部3年の瀨戸優菜さんと内田吉音さん。「食と観光」をテ...
2018年01月23日

コメダ、驚異的高収益の秘密はパンのメニュー大量投入?凋落のスタバと真逆戦略で無敵

コメダ、驚異的高収益の秘密はパンのメニュー大量投入?凋落のスタバと真逆戦略で無敵
コメダ珈琲店が絶好調だ。同店を展開するコメダホールディングス(HD)が1月10日に発表した2017年3~11月期の連結決算(国際会計基準)は、売上高が前年比8.2%増の190億円、本業の儲けを示す営業利益は2.3%増の53億円だった。売上高営業利益率は驚異の27.9%にもなっている。コメダ珈琲店は、愛知・名古屋など中京エリアを中心に店舗網を拡大し、今や全国に770店(17年11月末時点)を展...
2018年01月21日

沖縄の人気パン屋が仕掛ける「発酵研究所」がオープン。

沖縄の人気パン屋が仕掛ける「発酵研究所」がオープン。
パン作りなどが体験できるスペースに、「飲む」にまつわるものを販売する〈LIQUID〉の酒屋〈LABO LIQUID〉も併設。奈良の日本酒《風の森》やイタリアの自然派ワインのほか、発酵食品や赤木明登らの酒器も...
2018年01月19日

薩摩藩ゆかり さつま揚げパン 岐阜・大垣

薩摩藩ゆかり さつま揚げパン 岐阜・大垣
岐阜県大垣市上石津町牧田の女性グループ「ゆめはな」が、関ケ原の合戦に参加した薩摩の島津軍ゆかりの鹿児島県産さつま揚げなどを使ったパンを作った。上石津町牧田地区...
2018年01月16日

レーズン・ナッツ類、卸値上昇 パン店も値上げ

菓子やパン、酒のつまみに使うレーズンやナッツ類の国内卸価格が上がっている。産地の天候不順で収穫量が減り、輸入価格が上昇している。レーズンは1年前に比べて最大5割、クルミは2割高い。専門店やパン店が値上げに踏み切るなど、消費者にも幅広い影響が及びそうだ。輸入商社による卸...
2018年01月15日

「パン祖祭」全国高校生コンテスト、24人本戦へ 伊豆の国

「パン祖祭」全国高校生コンテスト、24人本戦へ 伊豆の国
伊豆の国市内で20、21の両日に開催される「第12回パン祖のパン祭」を前に、市と実行委員会によるプレス発表会が11日夜、同市のあやめ会館で開かれた。今回はメインイベントの全国高校生パンコンテストに過去最多の全国510件の応募があり、書類審査を通過した24人が実技と発表に臨む。同コンテストは...
2018年01月14日

廃棄パンからビールを製造、英国の食品リサイクル

廃棄パンからビールを製造、英国の食品リサイクル
【1月3日 AFP】英イングランド北部ヨークシャー(Yorkshire)地方にあるビール醸造所では、サンドイッチ工場から大量に廃棄されたパンの耳を大きなステンレスタンクの中に投下することからその醸造工程が始まる──。 ヨークシャー地方ドリフィールド(Driffield)近くにある醸造所「ワールド・トップ・ブルーワリー(World Top Brewery)」で現場責任者を務めるアレックス・バルチン(Alex Balchin)氏は、「基本的に、麦芽の一部をパンで代替しているのです」と語る。タンクの中に入れたパンの耳に水、ホップ、イーストを...
2018年01月07日